銀行系カードローンと信販系の違いは?

カードローンにはいくつかの種類がありますが銀行系カードローンと信販系カードローンに大きく分けることができます。これらの違いについてははっきりと理解していない人も多いのですが、非常に似ている部分がある反面違う部分について注目することにより良い選択をすることができます。具体的に説明をすると銀行系のカードローンと信販系のカードローンには法律の違いと言うものがあるのです。銀行系カードローンはもちろん銀行法の規制を受ける形になっていますが、信販系は貸金業法と呼ばれる別の法律の規制を受けています。そのため様々なルールについて違いがあるというのがポイントになります。

 

カードローンと言うサービスについて最も注目されるのは貸金業法に存在している総量規制と呼ばれる法律です。総量規制とは借りての収入に応じて貸付が可能な金額の条件が設けられると言うものです。銀行法にはこの規定がありませんが、貸金業法には明確に存在しています。つまり信販系のカードローンの場合には十分な収入がなければカードローンを利用することができないと言うルールになっていると言うことができます。そのため定期収入がない主婦などの場合には契約ができない場合がほとんどです。これは法律の規制によるものですので覆すことができません。

 

一方で銀行系カードローンの場合には個人の収入は条件にならないわけではありませんが、契約ができないと言う判断が下される決め手になるものではありません。大切なのは返済能力があるかどうかの判断であり、銀行法では銀行法の判断基準により契約の可否が決定されることになります。誤解のないように表現する必要がありますが、返済能力がなくても契約ができるわけでは無いのです。これらの特徴をよく理解した上でどちらのサービスが自分にふさわしいのかを検討することによってメリットが見えてきます。必ずしもどちらが優れていると言うものではありませんので注意深く条件を確認するようにしましょう。